« 心が潰れる! | トップページ | この景気をどうみますか? »

2009年4月 2日 (木)

善意の盲点!

摂津市鉄工会は昨年イライラ棒を製作し新聞やテレビに取り上げられ注目されています。
今年もいいものをとみんなで頑張って考えています。応援して下さいね!

話は変わります。

人が集まると色んな知恵と経験が自ずと集まって来ます。その一人一人を辞書の1ページや引出しに例えられますが引出しで言うならばその引出しに表示・標識されていないことが
多いように思えます。引出し自体が整理も出来てなく必要なものがあるのに見つけられないこともあるでしょうし。この状態では引出しの数が多ければ多い程に混乱し無駄な時間を使ってしまいます。引出しのある棚を管理する人は引出しの中身が整理出来てるかの確認と引出しに表示・標識をして整列しなければ、誰もが容易に必要なものを取り出せないでしょう!

引出しにも色々あります。

発酵しているものなどは時々引出しを開けてガス抜きしないといけません。
危ないものや高価なものは鍵付きの引出しが必要でしょう!
引出しを開けるとオルゴールの鳴る賑やかなもの!
効率的に中の見えるスケルトンの引出し!
棚と一体化してしまった引出し!
でも!出来たての接着材が乾ききっていない引出しや
必要以上に詰め込んだ引出しは壊れたり開かなくなったりします。

管理者は棚を使用する人に棚の使い方を説明すべきでしょう!!

ノドが乾ききった胃袋500ccのひとに4人で100ccなら400cc与える方も与えられる方
も幸せですが4人が他の人の事を気にせず150cc与えたら600cc与える人はいいこと
をしたのに与えられた側は溺れます。善意の盲点!




    

|

« 心が潰れる! | トップページ | この景気をどうみますか? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 善意の盲点!:

« 心が潰れる! | トップページ | この景気をどうみますか? »